top of page

音楽教室 音の花束 ブログ記事ページ

検索
  • 執筆者の写真scp90172

しまdeおんがくであそぼ

12月11日、日振島でコンサートをしました。


「おんがくであそぼ」は、今年で11年目を迎えますが

日振島の保育所より依頼を受け、コンサートが行われることになりました。

こちらの保育所には現在3名の子供が通っているのですが、

転勤や進学で園児がいなくなるので来年度には閉園してしまうそうです。


子供達や先生にも心に残るコンサートにしたい!とメンバー全員で張り切って

今回のコンサートを引き受けました。



さて、

am6:30発の高速艇に乗り、島へ向かいます。



朝日を見ながら船に揺られること45分。

日振島に到着です。

この日はとっても良いお天気で、海はキラキラしていました。


コンサートには保育所の子供と、小学校の生徒さんも来てくれて

とても楽しんでくれたようです。




そして、給食をいただきました!




朝、水揚げされた鯛で作った鯛めし。

絶品です!!!

カボチャ、ほうれん草、どのおかずも美味しかったー。



「こんなたくさん作ったのは久しぶりよ~。」


と、調理師さんは嬉しそうにしていました。

3名の子供達は少し緊張していましたが

一緒に食事ができて楽しそうでした。


音楽を聴いてくれる人を喜ばせたい、幸せな気持ちになってもらいたい・・

と思って演奏したのに、私達の方まで幸せな気持ちになった一日でした。







閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ソルフェージュ効果とは

レッスン曲が新しくなり、読譜をしていく中でとっっっても大切な事があります。それは…「歌う」ことです! なぁーんだ…と思った方もいるとは思いますが、この「歌う→ソルフェージュ」をするとしないとでは、後々に大きな差が出てきます。 ソルフェージュには様々な効果がありますが、その中でも(音楽的に)歌う事は、身につけば演奏も表情豊かになり、演奏だけではなく心も豊かになります。 感じるものを音楽で表現する事が

9月9日レッスン

土曜日の朝は未就学児さんのレッスンから始まります。低年齢の生徒さんは「おはよー!」と元気いっぱいで来てくれるので、エンジンのかかっていない私は急に元気になり、レッスン頑張るぞー!という気持ちになります。 楽しく続けているピアノも、節目が来ると誰でもつまずくものです。新しい音が出てきたり、両手奏が複雑になったり…。人間、思うように進まないと他に目を向けたくなります。 かつての私もそうでした。難しいと

bottom of page