top of page

音楽教室 音の花束 ブログ記事ページ

検索
  • 執筆者の写真scp90172

増えています!

8月もあと1週間となりました。毎日暑いと思って過ごした夏もあっという間に過ぎていきますね〜。


さて、タイトルの「増えています!」何が???って…それは、2・3歳のお子様の入会のお問い合わせです!


習い事にピアノを選んでくださる方が多く、本当に嬉しく思います。低年齢のお子様でもリトミックから始めることができるので、楽しく音楽を学び始められます。


リトミックは音楽を学ぶにあたって、お家に例えると地盤・基礎をしっかりと作る所にあたります。

リズム感や音感、フレーズ感を身につけておくとピアノ演奏がとっても上手になります。ピアノだけに限らず、他の楽器でも良いしバレエやダンス、スポーツにも必要な素地です。

そして、記憶力や集中力は勉強にも必要とされ、指先を使うピアノは脳の成長にとても大きな刺激を与えます。

子供の脳は低年齢時に目覚ましく成長するので、良い刺激は必須です。


何よりも音楽は人生を豊かにしてくれます。


生徒さんや保護者様が、音楽の素晴らしさを感じてもらえるよう、全力でレッスンしています!

興味をお持ちの方は是非、お教室をのぞきにいらしてくださいね。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

レッスン曲が新しくなり、読譜をしていく中でとっっっても大切な事があります。それは…「歌う」ことです! なぁーんだ…と思った方もいるとは思いますが、この「歌う→ソルフェージュ」をするとしないとでは、後々に大きな差が出てきます。 ソルフェージュには様々な効果がありますが、その中でも(音楽的に)歌う事は、身につけば演奏も表情豊かになり、演奏だけではなく心も豊かになります。 感じるものを音楽で表現する事が

土曜日の朝は未就学児さんのレッスンから始まります。低年齢の生徒さんは「おはよー!」と元気いっぱいで来てくれるので、エンジンのかかっていない私は急に元気になり、レッスン頑張るぞー!という気持ちになります。 楽しく続けているピアノも、節目が来ると誰でもつまずくものです。新しい音が出てきたり、両手奏が複雑になったり…。人間、思うように進まないと他に目を向けたくなります。 かつての私もそうでした。難しいと

bottom of page