top of page

音楽教室 音の花束 ブログ記事ページ

検索
  • 執筆者の写真scp90172

師匠のこと

昨日のレッスン後、ショパンのワルツを譜読みしました。

楽譜をパラパラとめくっていくと、過去にレッスンした曲がいくつかあり、

どんなだったかなぁと思い出しながら軽く弾いたりしていました。

先生の書き込みもあり、当時の記憶がよみがえります。


高校生の時からレッスンをしてくださった先生は

本当に厳しくて(笑)。よく叱られました。

私が音楽の道を進む選択をしたからこそ、厳しく熱心にレッスンをして

くださったのですが、当時の私は幼く、その厳しさを理解できなかったので

レッスンが辛くて仕方ありませんでした。


もちろん上手になりたくてレッスンを受けていましたが

先生に指摘されたことがすぐに出来ないもどかしさや、

自分の思うように弾けない悔しさ、情けなさがこみ上げてきて

ピアノの前で泣いたこともありました。














私の専攻はフルートだったのでピアノは副科というかたちになるのですが

先生は「副科だなんて思わないで、一生懸命やりなさい!」と

ピアノ専攻科並みのレッスンで私を指導してくださいました。


基礎の見直し、音色の変化、体の使い方、音楽の捉え方・・・

書ききれないほどたくさんのことを教えてくださったのに

高校生の私、もっと真剣に聞いておきなさいよ!!と、いま思います。



つづく。





閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

6月レッスン

こんにちは! 四国、やっと梅雨入りしましたねー。 しばらくの間は曇りや雨続きますが、今年も恵の雨がたくさん降り注ぎますように。。。 さて。 発表会が終わり、みんなのレッスンはどんな感じかというと… 確実にレベルアップしてます! テキストに戻ると 「え〜、なんか簡単に見える〜。」 と言う生徒さんもいますが、その通りです。 発表会の曲は、その時に弾いている曲より少し背伸びした曲を(先生が)選んで、みん

コメント


bottom of page