top of page

音楽教室 音の花束 ブログ記事ページ

検索
  • 執筆者の写真scp90172

課題を見つける

こんばんは。

今日から発表会後のレッスン開始です。

待ってましたぁ~!


中3生の生徒さん。

よく弾けるのですが、ステージでの演奏を聴いて気づいたことは

あらためて基礎練習に取り組むことと、いろいろな作曲家の曲に挑戦すること。


3連符や16分音符のパッセージで指がもつれたり、粒がそろわなかったり、

速さが一定ではなかったり。

指のコントロールをもう少し自分でできるようにならなければ

これから出会う曲のなかでもつまづく事が出てくるでしょう。


ステキな曲を自分らしく自由に表現するためにも

地道な基礎練習は必須なのです。


これは音楽だけではなくスポーツや勉強でも同じですね。

家もそうです。

しっかりとした地盤でないと、どんなに耐震補強された立派な家でも

倒れてしまいます。


さらにステップアップするためにも

目標をもって頑張りましょう!!






閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ソルフェージュ効果とは

レッスン曲が新しくなり、読譜をしていく中でとっっっても大切な事があります。それは…「歌う」ことです! なぁーんだ…と思った方もいるとは思いますが、この「歌う→ソルフェージュ」をするとしないとでは、後々に大きな差が出てきます。 ソルフェージュには様々な効果がありますが、その中でも(音楽的に)歌う事は、身につけば演奏も表情豊かになり、演奏だけではなく心も豊かになります。 感じるものを音楽で表現する事が

9月9日レッスン

土曜日の朝は未就学児さんのレッスンから始まります。低年齢の生徒さんは「おはよー!」と元気いっぱいで来てくれるので、エンジンのかかっていない私は急に元気になり、レッスン頑張るぞー!という気持ちになります。 楽しく続けているピアノも、節目が来ると誰でもつまずくものです。新しい音が出てきたり、両手奏が複雑になったり…。人間、思うように進まないと他に目を向けたくなります。 かつての私もそうでした。難しいと

bottom of page