top of page

音楽教室 音の花束 ブログ記事ページ

検索
  • 執筆者の写真scp90172

雑談もレッスンの楽しみのひとつです

本日レッスンに来た生徒さんと

携帯のキャリアはどこが良いのかという話題で盛り上がりました。


私は格安SIMを使っているのですが、特に不便を感じることはなく

満足に使っています。

今、大手から格安までキャリアが増え、それぞれにメリット・デメリット

があるので、キャリアを変更してもいいかな?とは思うのですが

なかなか行動には移せていません。






彼は小学1年生の頃からピアノを始め、現在は中学2年生です。

ずっと通ってくれて本当に感謝ですね。


大きくなると色々と共通の話題が増え、楽しい雑談タイムが増えました。

私もレッスンに行って先生とお喋りをするのが楽しかったのを

覚えています。(今でもそうですが)


最近のピアノ教室事情では、塾や進級にともなって長く続ける生徒さんが少ない

傾向にありますが、当教室ではありがたいことに中高生の生徒さんもたくさん

通ってくれています。


いつかは卒業の時が来ますが、

できるだけ長く一緒に音楽を学び、楽しみたいと思っています。




閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ソルフェージュ効果とは

レッスン曲が新しくなり、読譜をしていく中でとっっっても大切な事があります。それは…「歌う」ことです! なぁーんだ…と思った方もいるとは思いますが、この「歌う→ソルフェージュ」をするとしないとでは、後々に大きな差が出てきます。 ソルフェージュには様々な効果がありますが、その中でも(音楽的に)歌う事は、身につけば演奏も表情豊かになり、演奏だけではなく心も豊かになります。 感じるものを音楽で表現する事が

9月9日レッスン

土曜日の朝は未就学児さんのレッスンから始まります。低年齢の生徒さんは「おはよー!」と元気いっぱいで来てくれるので、エンジンのかかっていない私は急に元気になり、レッスン頑張るぞー!という気持ちになります。 楽しく続けているピアノも、節目が来ると誰でもつまずくものです。新しい音が出てきたり、両手奏が複雑になったり…。人間、思うように進まないと他に目を向けたくなります。 かつての私もそうでした。難しいと

bottom of page