top of page

音楽教室 音の花束 ブログ記事ページ

検索
  • 執筆者の写真scp90172

2月12日レッスン

本日のレッスン、中2男子が合唱コンクールの伴奏譜を

持ってきました。

(先日のブログにも書きましたね)

6分ぐらいある長い曲だそうで・・・

譜読みは自分で終わらせていたので、音の確認と指使いのチェック。

練習をするときのポイントを伝えて、今日のレッスンは終わりました。


かなり音数の多い楽譜でしたがしっかり譜読みができていて

関心しました。

伴奏を引き受けることは自分で決めたそうなので、

責任を持って真面目に練習しているそうです。えらい!


彼は昨年も伴奏を担当したのですが、実は私が勧めて伴奏者になったんです。

というのも、


小学校高学年や中学生になると生徒が合唱の伴奏を担当することが多くなります。

なぜなのか・・・学校の音楽の先生は弾かないようです。(まあ、いいとして)

毎年のように生徒さんが楽譜を持って来るのはいいんですが、

「これ、本番はいつ?」

「来週」

「ええええええええ!!!??」

みたいな事が何度かあったので、生徒さんには早めに


伴奏譜は早めにもらってきて。


と、言い聞かせております(笑)。



伴奏を任されるということは、きっと嬉しいことだろうし

自信にもなります。

そして、伴奏はとても良い経験になります。

伴奏を担当した生徒さんはみんなピアノが上手になります。


彼もそうです。

少し停滞気味だったので何か刺激を与えたいと思い、話したところ

昨年の伴奏をきっかけに、とても上手になりました。

今年も引き受けたということは昨年の伴奏が自信につながり、

きっと嬉しかったんだろうなと思います。

ご両親もものすごく喜んでいたそうで、本番を見に行ったおばあちゃんは

感極まって泣きながら見ていたそうですよ。

なんか、一生懸命に頑張っている姿って輝いて見えますよね。


こういうことがあると、伴奏を勧めて良かったなぁと思うし

自分もチャレンジすることをやめずに頑張ろう!と前向きな気持ちになります。


生徒さんに感謝ですね。

みんな、ありがとう。









閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ソルフェージュ効果とは

レッスン曲が新しくなり、読譜をしていく中でとっっっても大切な事があります。それは…「歌う」ことです! なぁーんだ…と思った方もいるとは思いますが、この「歌う→ソルフェージュ」をするとしないとでは、後々に大きな差が出てきます。 ソルフェージュには様々な効果がありますが、その中でも(音楽的に)歌う事は、身につけば演奏も表情豊かになり、演奏だけではなく心も豊かになります。 感じるものを音楽で表現する事が

9月9日レッスン

土曜日の朝は未就学児さんのレッスンから始まります。低年齢の生徒さんは「おはよー!」と元気いっぱいで来てくれるので、エンジンのかかっていない私は急に元気になり、レッスン頑張るぞー!という気持ちになります。 楽しく続けているピアノも、節目が来ると誰でもつまずくものです。新しい音が出てきたり、両手奏が複雑になったり…。人間、思うように進まないと他に目を向けたくなります。 かつての私もそうでした。難しいと

bottom of page