top of page

音楽教室 音の花束 ブログ記事ページ

検索
  • 執筆者の写真scp90172

9月9日レッスン

土曜日の朝は未就学児さんのレッスンから始まります。低年齢の生徒さんは「おはよー!」と元気いっぱいで来てくれるので、エンジンのかかっていない私は急に元気になり、レッスン頑張るぞー!という気持ちになります。


楽しく続けているピアノも、節目が来ると誰でもつまずくものです。新しい音が出てきたり、両手奏が複雑になったり…。人間、思うように進まないと他に目を向けたくなります。

かつての私もそうでした。難しいと思えるものに出会うイコール上達している、進歩しているということなのに幼いとそこに意識がいかないんですね。

そこでふんばって根気強く頑張るか、逃げ出すか。勉強や進学、就職、人間関係、社会に出てからのあらゆることにも通じる事ですね。どちらの道を選択するかで結果は大きく変わります。


ピアノに限らずどんな事にも言えることです。


今日、生徒さんたちのレッスンをしながら、改めて自分にも問い、言い聞かせた事でした。


閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ソルフェージュ効果とは

レッスン曲が新しくなり、読譜をしていく中でとっっっても大切な事があります。それは…「歌う」ことです! なぁーんだ…と思った方もいるとは思いますが、この「歌う→ソルフェージュ」をするとしないとでは、後々に大きな差が出てきます。 ソルフェージュには様々な効果がありますが、その中でも(音楽的に)歌う事は、身につけば演奏も表情豊かになり、演奏だけではなく心も豊かになります。 感じるものを音楽で表現する事が

bottom of page